認知症対策していつまでも生き生き

認知症対策していつまでも生き生き

認知症対策していつまでも生き生き

いつまでも生き生きとしていたいけれど、年を重ねていくといろいろな体の不調を感じやすくなります。

 

多くの人が心配しているのは、認知症ではないでしょうか。

 

自分の家族のことを忘れてしまったり、自分をコントロールすることができなくなることもあるかもしれません。

 

症状は人によって大きく違います。周りの人のことを忘れたりせず、ずっと今のままでいられたらと思ったら、そうならないように対策を講じておくと良いでしょう。

 

少しでも発症を遅らせるためにも、日ごろから気を使った行動をしたほうが良いです。記憶力が衰えないようにすることはとても重要なので、買い物をした時は何を買ったのかをきちんと覚えるようにしましょう。そして、レシートを見ないで家計簿に正確に記録します。

 

記憶することは脳をしっかりと使っていないといけませんから、脳を活性化させることができます。また、日記を付けることもおすすめします。その日にあったことを書くのも決して悪いことではありませんが、数日前のことを思い出しながら日記を付ける方が効果的です。思い出す作業をしている間は、脳が活性化されています。

 

人付き合いも大切なことです。人とのつながりがある人とない人とでは全然違います。近所付き合いがよく、毎日のように話をすることがあったり、学生時代からの友人とよく会ったり、仕事の関係者とよく話をするなどしていますか。

 

人付き合いをしていないと外出することも少なくなるでしょうし、決して良いことではありません。あまり人付き合いがない人もこれから新しい人と出会って、人付き合いを活性化させてみませんか。

 

運動するのも良いことです。全身の血流がよくなるということは、脳の血流も良くなります。脳にきちんと栄養が届けられるようにするためにも、有酸素運動を適度に行ってみてください。散歩だけでも構いません。散歩仲間と一緒に楽しんで散歩をするのも良いでしょう。

 

適度に体を動かすことで、生活習慣病の予防にも一役買ってくれるはずです。無理な運動をする必要はありません。だから、運動が苦手な人でも軽い運動で構いませんから、やってみてください。ストレス解消にもなるでしょうから、前向きで明るい気持ちを持ちやすくなるかもしれません。

 

脳を使うことはとても大事なことですから、普段からなるべく脳を使うことを意識してみてください。人と話をすることも良いのですが、文章を書くことも脳を活性化させてくれます。日記を付けるだけでも良いですが、他にもスマートフォンなどを使ってメールを送ったり、SNSで文章をよく書くようにするのも良いでしょう。

 

もちろん、小説を書いてみたり、エッセイを書くなどでも良いです。逆に、文章を読むことも良いので、本を読んだり新聞をよく読むことを心がけてください。知識をたくさんつければ、人と会話するときにも役立ちます。

 

また、ゲームも良いことです。最近では、高齢者がゲームセンターを利用することが当たり前になっていると言われています。ゲームを楽しむときには指も脳も使います。適度な緊張感もありますので、実は脳をたくさん使っているのです。

 

ゲームセンターで遊ぶと、スタッフと会話することもあるでしょうし、他のお客さんと話をする機会もあるかもしれません。人との交流もできれば、より一層脳をたくさん使うことができるので、予防効果が高まります。

 

健康な体を保つためには規則正しい習慣と食生活が大事だとよく言われますが、脳にとっても同じことが言えます。脳の健康も規則正しい生活が不可欠です。脳に余計なストレスを与えることなく、しっかりと脳を休ませるようにしましょう。

 

また、バランスの良い食生活も大事です。塩分は控えめなほうが良いですし、野菜や果物をたくさん食べたほうが良いです。体に良いと言われている食事を続けることは、脳にも良い影響が出るはずです。

 

料理をする人は、自分でうまく調理できるようにしましょう。一度に何品もを同時進行でテキパキと作ってみてください。料理は計画しながら作りますので認知症対策にはとても有効です。昔はうまく同時進行で作れたのに、作れなくなったりすることもあるかもしれません。

 

難しいと思ったら、周りの人に手伝ってもらったり、品数を少なくして作るようにしましょう。全く作らないのではなく、自分でできる範囲で良いので料理はしたほうが良いです。計画しながら臨機応変に料理を作り続けて、脳を活性化させましょう。

 

若いころはもっと体を動かせたし、見た目もキレイで、しっかりしていたはずなのに、今では若いころの自分とは大きく違っていると気を落とさないようにしてください。明るく前向きな心も大事だからです。長く生きた分、たくさんの経験をしています。

 

だから、自分に自信を持って堂々としてください。少々の失敗は誰にでもあります。失敗を恐れることなく前向きに生きていれば、いつまでも生き生きと生きることができます。