認知症予防に効果的な方法

認知症予防に効果的な方法

認知症予防に効果的な方法

昔は認知症というものがどのようなことでなるのかということがよく分かっていませんでした。

 

単に加齢がすすめば自然になってしまうとも考えられることもありました。

 

しかし、最近は環境というものが大きく関わってくることがわかりました。

 

環境というは食生活や運動、ストレスなど実にさまざまな要因が認知症と関わってくることになるので、下記に認知症予防に必要と効果的と考えられる方法について記していきます。

 

まずは、食事です。食事は野菜や魚を中心として日本古来の食生活を中心に考えるといいでしょう。日本人が昔から高いレベルの教養を身につけていたのは、こうした食生活というものが関係していたのかもしれません。

 

野菜や魚が中心の食生活となると、野菜のビタミンや魚に含まれているDHAやEPAといった脳の働きを活性化させることが出来る栄養を多く含んでいます。これらを多く摂取することでかなり認知症を予防することが出来るようになるかもしれません。また、ワインに入っているポリフェノールなどもボケ防止に役立ちます。

 

そして、運動を定期的にするようにします。運動をすると適度な負荷や刺激が体に加わることになりますから、これが脳を活性化させることにも繋がります。脳は使わないとすぐに退化するということがありますが、使うとこの退化を遅らせることが出来るとともに、記憶を良くするようなことも出来たりします。

 

脳では実にさまざまな情報を処理しているので、運動をすることで体に負荷が加われば自然と脳も活性化されることになります。

 

さらには、人によく接触するようにします。これは人と言葉を交わすようにするということです。人と話をするというのは実はかなり頭を使うことです。日常的にしていることなので、気づかない人もいるかもしれませんが、人と話をした後どっと疲れたということを経験したことがある人も多いでしょう。

 

これは見知らぬ人と話をするときにだけ疲れるというわけではありません。日常的に話をするような人でも人と会話をするということはとても多くの情報量を脳から引き出していることになります。会話というのは脳をフル回転して動かしているようなものだったりもするので、人と話をするというのは脳の活性化には大いに役立ちます

 

そして、文章を書いたり、ゲームをしたりするのも効果的です。これはテレビや雑誌などでもよく取り上げられているので知っている人も多いかもしれません。脳は文章を考えるようなことがあったり、ゲームに勝とうとして思考を巡らせると大いに活性化されます。考えるということは大きな刺激となって脳を使うことになりますから、知的な行動というのは脳にとっていい働きをします

 

脳は働かせれば働かせるほど神経細胞が出来て、情報の交換がスムーズになるようになっていきます。反対に使わなければどんどんと神経細胞が減っていくことになりますから、考えることで、この減っていく神経細胞の量を少なくしたり、逆に増やしたりするということが可能になります。

 

特にゲームは夢中になって出来るので、楽しみながら長く考えることが出来るという点でも優れた方法ということがいえるでしょう。考えるという行為はかなり疲れるので、あまりやりたくないという気持ちが出てくるのですが、これがゲームとなると楽しいという感情が勝って、もっとやりたいという衝動につながり、長く脳を働かせることが出来るようになります。

 

また、睡眠というのも大切です。不眠症のようなことになると、脳の働きが弱くなって思考が出来るなくなるというようなことになりますが、しっかりと深い睡眠が出来ていると脳がスムーズに働くようになります。そうなるとさまざまな刺激に対応することも出来るようになります。

 

脳をしっかりと動かすようにするには、しっかりと深い睡眠をとること、起床時に朝日を浴びるようにすることが大切です。この朝日を浴びるというのは、これによって脳が眠っているモードから今日モードに変わるというきっかけになるからです。眠っている時に人の脳は睡眠モードで動いています。

 

この時に脳内の記憶とかの整理をしているともいわれていますが、この睡眠モードですとなかなか新しい刺激に対応することが出来ません。ですが、朝日を浴びることでこの睡眠モードが起床モードに切り替わり、新しい刺激に対応したりと活発的に動くことが出来るようになるので、この朝日を浴びるということはとても大切なことなのです。

 

ですから、夜遅くまで起きているというのはあまりよくありません。これによって脳が睡眠モードに切り替わらないからです。

 

後、良くないこととしてはタバコは避けた方がいいでしょう。タバコの害については百害あって一利なしといえるぐらいのものですから、ここで詳しく説明することは避けますが、タバコには数えきれないぐらいの害がありますから、認知症予防ということだけではなく、体の健康を考えても避けるべきです。