認知症が疑われるときのチェック方法

認知症が疑われるときのチェック方法

認知症が疑われるときのチェック方法

認知症には、脳細胞の減少が原因となるアルツハイマー病などの脳細胞性タイプと、高血圧症や糖尿病が原因となる、脳血管性タイプがあります。

 

また、髄液の吸収障害による水頭性タイプなども、高齢者の間で増加しています。この水頭性タイプは、外科的な治療が可能ですから、アルツハイマー病とは区別する必要があります。

 

認知症のチェックのポイント
  • 物忘れがひどくなる。
  • 判断・理解力が衰える。
  • 場所や時間がわからない。
  • 人柄が変わる。
  • 不安感が強い。
  • 意欲がなくなる

 

認知症のチェックのポイントは上記のようなものあります。

 

今言ったばかりなのに、電話の相手の名前を忘れたり、同じことを何度も聞いたり言ったりする。いつも捜し物をしているというように、物忘れがひどくなったり、料理や計算などのミスが増える。新しいことを覚えることができない。

 

テレビ番組の内容が理解できないなど、判断力や理解力が衰えたり、約束した日時や場所を間違えたり、なれた道でも迷うようになるなどの症状がでる場合があります。また、怒りっぽくなったり、頑固になるなど人柄が変わることもあります。

 

そのほかにも、一人になることを怖がったり、身だしなみをかまわなくなる。趣味や好きなことに興味をしめさなくなるなどの症状も現れることがあります。ただ、加齢にともなった単なる物忘れや、病気の治療のために飲んでいる薬の影響でも似たような症状がでることがありますから、認知症と正しく区別するのは難しいといえます。

 

誰でも年齢とともに物忘れが起こったり、人の名前を思い出せなくなることはあります。こうした物忘れは、脳の老化によって起こる症状で、体験したことの一部分を忘れ、忘れっぽいことを自覚しているのが特徴です。この物忘れは日常生活には支障がありませんが、認知症の場合には判断力も低下していくため症状が進行すれば日常生活に支障が現れてしまいます。

 

中でも、アルツハイマー型は、今まで日常生活でできていたことが少しずつできなくなり、新しいことを記憶できなくなったり時間や場所がわからなくなるというのが特徴です。症状が進行してしまうと、ものを盗まれたり徘徊などの症状がでる場合がありますから、早期に治療を受けることが大切です。

 

このアルツハイマー型は、βタンパクやタウタンパクという異常なタンパク質が脳にたまることで、神経細胞が死んでしまい脳の海馬という記憶を担っている部分が萎縮してしまい、徐々に脳全体へと広がっていきます。主な症状は、新しく経験したことを記憶することができず、食事をしたことを忘れてしまったり、家族の顔などもわからなくなってしまいます

 

また、おつりを計算できなくなることもあり、生活にも支障がでてしまいます。家族にアルツハイマー型の患者がいる場合、対応のポイントとしては、否定しないで本人の話をよく聞くことが大切です。

 

本人は、何度も同じ質問や行動を繰り返してしまいますから、介護をしている人はイライラしてしまいますが、本人はすぐに忘れてしまっていますから、妄想がどんどんと膨らんでしまいます。そのため、同じことを聞かれても、穏やかな気持ちで話を合わせることが介護には大切です。

 

アルツハイマー型は、記憶力や判断力の低下によって日常生活にさまざまな支障が起こってしまいます。現在の医療技術では、アルツハイマー型を元の状態に戻す治療法はありませんが、快適に暮らせるように進行を遅らせたり、家族や介護者の負担を軽減するということが治療の目的となります。

 

薬を使わない治療は、本人が今できることを活かして快適な環境を作っていき、人生を振り返ることで本人の自己認識の回復をはかっていく、回想法や音楽療法など、頭と心を刺激して活性化していくことで病気の進行を遅らせることができます。

 

薬物治療は、病気の進行を遅らせ、不安や不眠などの症状を抑えることが中心となります。病気の進行を遅らせることで家族と一緒に過ごす時間を長くすることができ、介護者の負担を軽減することができます。

 

気になる症状が現れたときに、何科にいけばよいのかわからない人も多いかもしれませんが、一般的には精神科、神経内科、心療内科、脳外科、物忘れ外来というような専門外来で診てもらうことができます。

 

迷った時には、かかりつけ医に相談をし、紹介してもらうか、地域の保健所などで相談してみるとよいでしょう。検査方法は、医師と対面して、問診で診断を行っていきます。また、記憶や認知機能の程度を調べる検査や、脳の画像検査などが行われることもあります。

 

認知機能検査は、形や日時の認識、簡単な計算を調べる検査で、画像検査は、CTやMRIなどで脳の異臭や出欠の有無など調べていきます。検査時には、普段の本人の様子を知っている家族の話が役に立ちますから、受診するときには家族も立ち会った方がよいでしょう。

 

その際、物忘れが日常生活に支障をきたすかどうか、半年の間に症状が進行しているか。本人のこれまでの病気や服用中の薬などを手帳に書いて整理しておくと、診断に役立ちます。