認知症にアロマを使うなら

認知症にアロマを使うなら

認知症にアロマを使うなら

人間には視覚、嗅覚、味覚、聴覚、触覚がありますが、この感覚の中で一番古いのが嗅覚と言われています。

 

その嗅覚に働きかけて認知症のケアをしようというのが、アロマを使った方法です。

 

認知症に香りの力を使うのには根拠があります。今までは、発病するとまず最初に海馬という記憶力や学習機能を司る脳神経がダメージを受けると考えられてきました。しかし、最近の研究では、海馬に直結した嗅神経という嗅覚を司る神経が、一番最初にダメージを受けていることが発見されました。

 

嗅神経のダメージが徐々に海馬に伝わって、記憶機能を破壊しながら脳全体に機能低下を広げていくことで、症状が進行するという発症メカニズムが解明されたということです。なので、香りの力を使って嗅神経のダメージを軽減させることができれば、予防や改善につながるのではないか、という考えに至りました。

 

嗅神経は脳神経に比べて、再生能力が高いため、香りの刺激を適切に与えてあげることで、機能が回復するのではないかと期待されています。嗅神経が正常化するとそれに伴って連動している海馬の機能も持ち直し、症状の改善につながるという期待から、アロマが注目されるようになっています。

 

具体的にどのような香りが使われているかというと、代表的なのがローズマリー・カンファー、レモン、真正ラベンダー、オレンジ・スウィート、の4つです。ローズマリー・カンファーは集中力のアップ、レモンは気持ちの高揚、真正ラベンダーは安眠効果アップ、オレンジ・スウィートは高いリラックス効果、が得られるということが期待されています。

 

精油の香りが嗅覚を刺激すると、香りの信号が脳に伝えられて、自律神経に働きかけます。すると自律神経の働きがコントロールされて体の調子が整いやすくなり、中核症状の緩和に繋がるということです。

 

また、香りが脳を刺激することで、楽しい記憶が引き出されたり、リラックスしたり、不安や悲しみに耐えられるようになる、などの心理的な効果も期待されていて、これが周辺症状の緩和に役立つと考えられています。

 

認知症予防のためにアロマを使う時には、エッセンシャルオイルの精油を使いましょう。植物から抽出された100%混じりけのないピュアオイルです。手頃な値段のグッズには化学的に香り付けをしているものもありますが、これだと嗅神経を効果的に刺激することができません。刺激するのにベターなのは、植物由来の成分で、化学合成物質にはこれが含まれていないので不向きです。

 

値段が高くても、天然由来の精油にこだわって使いましょう。天然か化学合成かの見分け方は、瓶のラベルを見ればわかります。ラベルに精油の学名とロット番号が記されているものは、ちゃんとした天然ものを使っています。学名はラテン語表記ですし、ロット番号というのは産地や製造年月日が細かく調べることができる管理番号のことです。

 

また、使う時には匂いが強くて刺激が強いので、体や服に原液がついた場合にはすぐに洗って匂いをとるようにしましょう。刺激が強すぎると頭痛や不快感を感じさせてしまいますし、その匂いが嫌いになってしまうことがあるからです。

 

配合する場合には、日中と夜で成分を区別しましょう。予防のためには規則正しい生活が必要です。昼間は体を活発に動かす交感神経が優位で、夜は休息のためにリラックスさせる副交感神経が優位になる時間帯です。この本来の自律神経の切り替えを支えてあげるように、日中と夜とでそれぞれの自律神経の働きを高めるものを選んで配合するのがポイントです。

 

日中の交感神経刺激用には、ローズマリー・カンファーとレモンの組み合わせが適しています。午前中の9時〜11時の2時間、香りを嗅ぐようにさせるといいです。ペンダントなどに入れて持ち歩けるようにすると、無くしてしまうことがないのでおすすめです。

 

夜用には、真正ラベンダーとオレンジ・スウィートの組み合わせが適しています。寝る1時間前につか始めて、就寝後1時間香りに包まれている状態にすると、安眠効果を与えられます。

 

刺激が強すぎるとかえって安眠を妨げてしまうので、布に精油を2〜3滴垂らして、蓋なしの容器に入れて枕元に置いてあげるといいでしょう。もしくは、ディフューザーを利用してもいいです。配合の割合ですが、朝用は「ローズマリーカンファー:レモン=2:1」夜用は「真正ラベンダー:オレンジ・スウィート=2:1」が最適です。市販製品も、この配合量を基本にして2:1に調整してあります。

 

この療法を利用する時には、本人が好きな匂いかどうかを確かめておくことが大切です。脳に良い刺激を与えるからといっても、好きな香りではないと本人にはリラックスできない可能性があるからです。

 

好きなようであれば、継続して利用してみるといいでしょう。精油はネットでも購入できますし、自然派化粧品やスキンケアグッズ、雑貨屋さんなどでも手に入れることができます。